スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


政府案、筋道通らぬ=普天間移設で官房長官に−沖縄知事(時事通信)

 平野博文官房長官は1日夜、沖縄県の仲井真弘多知事と都内で会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題の5月中の決着を目指し、政府の検討状況を説明した。これに対し、仲井真知事は「なるべく早く、最終決定の前に説明してほしい。公約通り、県外(移設)でしっかり取り組んでほしい」と要求。会談後、政府案に関し「筋道が通ったものが出来上がっているという感じはない」と記者団に語った。
 政府の対処方針は、普天間の固定翼機は鹿児島県徳之島などに分散、ヘリコプター部隊は米軍キャンプ・シュワブ陸上部(沖縄県名護市など)に離着陸帯を造って暫定的に移し、最終的に米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)のある勝連半島沖合を埋め立てて移設先とするもの。だが、仲井真知事によると、平野長官から具体的な移設先を挙げた説明はなかったという。
 仲井真知事はシュワブ陸上、勝連沖合両案に反対の立場を既に表明。会談では「県外へという強い要求がある」と沖縄県民の雰囲気を伝えた。平野長官は政府案について「首相が決めたら、ちゃんと説明する」と語った。会談には滝野欣弥官房副長官も同席した。 

<陸上>高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)
田園調布駅で扉開け忘れ(産経新聞)
両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在(産経新聞)
ケアマネが介護保険書類を紛失―東京都板橋区(医療介護CBニュース)
<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)

ネイルサロンにも管理ガイドライン 厚労省(産経新聞)

 女性の顧客らに「つけづめ」などのネイルアートを施すネイルサロンについて、厚生労働省の検討委員会は30日、サロンの衛生管理に関する基準を定めたガイドライン案を大筋でまとめた。ネイルサロンはNPO法人などが独自の技能検定を実施しているが、開業や施術に関する法的規制はなく、ガイドラインが策定されるのは初めて。

 ガイドライン案には、ネイルサロンごとに衛生管理責任者を決めることや、感染性の皮膚病にかかった従業員に作業をさせないこと、器具の詳細な消毒方法などが明記された。6月にも正式に策定される見通し。

 ネイルサロンをめぐっては、「バクテリアの繁殖でつめが黒くなった」「つけづめをしたら化膿(かのう)した」などの相談が国民生活センターに寄せられており、衛生管理の不十分さが問題になっていた。

【関連記事】
平井理央アナ、“金”ネイルで日本選手を応援
衛生管理要領なしが半数 ネイルサロン調査
献血して「ネイルケア」 西梅田献血ルーム、男性に人気
爪ピカピカ効果!ロッテ唐川が無四球完投で4勝
ネイル・美容院 おしゃれでお年寄り元気 老人ホームに「癒やしと和み」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【ぶらり旅物語】今回は「種子島・屋久島」をぶらり(産経新聞)
<大阪市営地下鉄>谷町線で逆走 昨年9月、初歩的ミスで(毎日新聞)
「キャバクラ労組」100人が歌舞伎町をデモ(スポーツ報知)
参院選 「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人(毎日新聞)
沖縄の理解に全力=鳩山首相(時事通信)

<岡田外相>財源確保が困難なら、マニフェストの修正を(毎日新聞)

 岡田克也外相は27日、三重県四日市市の会合で、今夏の参院選マニフェスト(政権公約)について、「現実の収入を見た時、順番を付けて重要なものからやっていき、場合によってはあきらめるものがあるとはっきりした方がいい」と述べ、財源確保が困難な場合、衆院選マニフェストで掲げた政策を修正すべきだとした。

 税収不足に陥っていることから、岡田氏は「政権公約に書いたことを全部やろうとすると相当無理があるのは間違いない」と指摘。また、「(昨年5月の民主党代表選で)私は『財源なくして新しい政策なし』と申し上げた」と財政規律重視の姿勢を改めて強調した。【野口武則】

【関連ニュース】
日米密約:破棄可能性の文書は6点 岡田外相が明らかに
日米密約:文書「破棄」を第三者委で調査へ
日米密約:「破棄」文書、外務省が調査へ
日仏外相会談:イラン核拡散問題で米仏などに理解示す
岡田外相:程・新駐日中国大使の表敬受ける

<判決文偽造>元書記官に懲役11年 さいたま地裁判決(毎日新聞)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
規制改革分科会、29日に初会合(時事通信)
「当日」に近いほど格安 ギリギリ予約で得するレジャー(産経新聞)
首相元秘書の初公判=偽装献金認め、即日結審へ−規正法違反事件・東京地裁(時事通信)

「ザ・コーヴ」出演女優、現地で漁中止訴える(読売新聞)

 和歌山県太地町のイルカ漁を隠し撮りし、アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したアメリカ映画「ザ・コーヴ(入り江)」に出演した女優ヘイデン・パネッティアさんらが26日、同町で漁をやめるよう訴えた。

 パネッティアさんは、環境保護団体「ザ・ホエールマン・フアンデーション」のジェフ・パントホフ代表や海外メディアの記者らと訪れた。

 町役場で三軒一高町長に面会を求めたが職員に断られ、町漁協でも門前払いされた。この後、映画の題名にもなった入り江「畠尻湾」の浜にイルカに見立てた白い布を敷くパフォーマンスをした。

 町では、訪問を知った地元の市民団体の車が「日本の食文化に口を出すな」とアピールし、町漁協前では、水産会社の従業員が「帰れ」とどなる姿も見られた。

 パネッティアさんは「憎しみをぶつけるのではなく、問題を解決しにきた。イルカ漁をやめて、美しい町が一大観光地になるよう協力したい」と述べた。

 三軒町長は「環境を唱えて売名行為をする団体と会う必要はない。まともな訪問なら、いつでも面会する」と話している。

「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
<掘り出しニュース>目指すぞ!運転士 訓練費自己負担、いすみ鉄道の募集に大きな反響(毎日新聞)
<ウェブコンクール>日本眼科医会など10サイト運営者表彰(毎日新聞)
足利事件再審 判決要旨(1)(産経新聞)

原告側4人が上告断念=原爆症愛知訴訟(時事通信)

 原爆症の認定申請を却下したのは違法として、愛知県に住む被爆者4人が国を相手に却下処分の取り消しと損害賠償を求めた訴訟で、原告側は24日、4人が上告しないことを明らかにした。国は被爆者団体と結んだ確認書に基づき、一審が認めた2人については控訴を取り下げており、最終的に3人を原爆症と認定し、1人を不認定とした判決が確定する。
 原告側は上告を断念した理由について、一審敗訴原告の救済を目的とした基金を設立する原爆症救済法が4月に施行されるためと説明している。
 名古屋高裁は11日、一審が認定しなかった2人のうち、1人を新たに原爆症と認めた。しかし、膵(すい)のう胞の森敏夫さん(85)は一審に続き認定せず、損害賠償については一審同様、4人の請求を棄却した。 

【関連ニュース】
〔終戦特集〕太平洋戦争の歴史を振り返る
「被爆ザクラ」の苗木、盗まれる=平和記念公園、高さ1メートル
原爆症新たに1人認定=救済法成立後初の判決
「欺き続けた責任重い」=被爆者らが憤りの声
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC

雑記帳 この枝垂れ桜は…DNA鑑定(毎日新聞)
消防機関の新型インフル対策で報告書−消防庁(医療介護CBニュース)
<高木美帆選手>「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式(毎日新聞)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡−東京・青梅(時事通信)

<掘り出しニュース>不審者見逃さないワン “かわいすぎる”お巡りさん、人気(毎日新聞)

 【埼玉】警帽に「西入間警察署生活安全課」と書かれた制服を着たトイプードル犬のカレン(4)とカノン(2)の母娘が、鶴ケ島市内の通学路で不審者に目を光らせている。

 母娘の飼い主は同市下新田、細谷安夫さん(69)。細谷さんに連れられ、市内四つの小学校と保育園を日替わりでパトロールしている。朝は正門で子供たちを迎え、下校時は通学路をパトロール。子供が駆け寄って、「かわいい」と抱き上げるなど人気者だ。

 細谷さんが散歩を兼ねた巡回を始めたのは4年前。カレンを譲ってくれたブリーダーに誘われ、「犬の散歩が子供たちの安全に役立つなら」と、埼玉西ブリーダーズクラブのボランティアグループ「犬のおまわりさん」に入会した。

 昨春には、防犯効果を高めようと、署の了承を得て警察官の服も着せている。水色の夏服もある。

 細谷さんは「子供たちと触れあうことができ、自分もパワーをもらえる。今後もお役に立ちたい」と笑顔で話している。【鷲頭彰子】

バッハ博物館 再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
<性的暴行容疑>逮捕の英会話教師、保護者から性教育承諾書(毎日新聞)
高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)
生方氏解任「やむを得ぬ」=民主・細野氏(時事通信)
<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)

丸川珠代参院議員が国会でサイヤ人に変身(スポーツ報知)

 自民党の丸川珠代参院議員(39)が17日、参院本会議で初の質問に立った。珠代氏は夫の大塚拓前衆院議員(36)、兵庫県から緊急上京した実母が傍聴する前で、各大臣に激しく迫った。

 この日は子供手当法案について趣旨説明と質疑が行われ、審議入り。珠代氏は、「許されざる数の横暴で衆議院の成立をみた」と指摘。民主党のマニフェストの工程表も「絵に描いた餅」と皮肉った。珠代氏は8日の参院予算委員会でも各大臣に牙をむき、山本一太氏(52)がブログに「丸川さんて、サイヤ人(漫画・ドラゴンボールに登場する戦闘民族)だったんだな」と記すなど、話題になっていた。

 大塚氏は「子育て支援全般に関し、ずっと勉強していた」と拍手。珠代氏は「自分の声が大きすぎて、ヤジも聞こえなかった」と“スーパーサイヤ人”になっていた。


 【関連記事】
進次郎氏保育園視察「子供欲しくなった」
珠代氏猛攻質問!菅氏らバッサリ
丸川珠代 参院議員 大塚拓 を調べる

北教組「逆ギレ」文書に馳議員「蛙の面に小便」 衆院文部科学委(産経新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
<鳩山首相>B型肝炎訴訟で政府一体対応を指示(毎日新聞)
都内で「初日の出暴走」少年ら7人逮捕(読売新聞)
<ガンブラー>欧州サーバー感染源に 警視庁が国際捜査要請(毎日新聞)

「総務相に問題」=2度遅刻の原口氏批判−民主・平田氏(時事通信)

 民主党の平田健二参院国対委員長は17日の記者会見で、衆院本会議に出席していた原口一博総務相の遅刻で参院総務委員会が流会になったことについて、「本来、本会議に欠席届を出して、冒頭から委員会に出るのが当たり前だ。そういうこともできないのは、大臣に問題がある」と述べ、総務相を厳しく批判した。
 原口氏は16日、衆院本会議での子ども手当て支給、高校授業料無償化の両法案採決後に、参院総務委に出席し、地方税法の趣旨説明などを行う予定だった。しかし、本会議が長引いたため、総務委の開会予定時刻に間に合わず、自民党が「参院軽視」と反発。開会を拒否し、流会となった。原口氏は3日の参院予算委員会にも、事務的な連絡ミスで遅刻し、陳謝した経緯がある。 

【関連ニュース】
総務相の資金パーティー「問題ない」
「鳩山氏に共感しない」=自民・石破氏
舛添氏、鳩山氏と距離置く=連携「政策が基本」
新党結成へ持久戦覚悟?=自民内からは批判噴出
総務相が再び遅刻=野党側の反発で流会

文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
贈賄側会社社長に有罪=在留手続き汚職−東京地裁(時事通信)
民主・石井氏「川崎市はガラが悪いと思っていたけど…」(産経新聞)
放火か、世界遺産・ブガンダ王族の墓が焼失(読売新聞)
春の琵琶湖へ ウェルかめ!(産経新聞)

【ネット番記者】かわいい猫に和んで(産経新聞)

 ベッドの陰から鳥の羽を出し、引っ込めると、不思議そうな顔をして猫が寄ってくる。羽を出すと猫はピタッと止まり、引っ込めるとまた寄ってくる…。そんな「だるまさんが転んだ」のかわいらしい動画が、130万回を超えるアクセスを記録した。

 動画投稿サイト「YouTube」は、国内発の動物動画の中から人気作品を集めて紹介する「YouTube 動物チャンネル」を開設。現在は、人気の高い猫を特集。さっそく「わが家の猫自慢大会」が繰り広げられている。

 携帯電話に焼きもちを焼いたのか、猫が飼い主の手をつかんで押さえたり、和むシーンの数々は、ペットを飼えない人にもお勧めだ。海外からのアクセスも多いが、コメント欄が荒れることは少なく、かわいいことは、それだけで偉大なのだと納得した。(織田淳嗣)

                   ◇

 http://www.youtube.com/user/YTAnimalJP

北、学校ぐるみで思想教育 生徒は「朝青」強制加入 保護者の寄付が活動費(産経新聞)
元女優の畠田理恵さんが乗用車で事故(産経新聞)
<JR東日本>4月から京浜東北線・根岸線に「女性専用車」(毎日新聞)
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦(時事通信)
<雑記帳>笠松競馬出身のラブミーチャン、馬群に沈む(毎日新聞)

外務副大臣が文春提訴=「温暖化対策で虚偽報道」−東京地裁(時事通信)

 政府の地球温暖化対策に関する月刊誌「文芸春秋」の記事で名誉を傷つけられたとして、福山哲郎外務副大臣は15日までに、発行元の文芸春秋と執筆者のルポライターらを相手に、計約1700万円の損害賠償と謝罪広告の掲載などを求める訴えを東京地裁に起こした。
 訴状によると、文芸春秋は今年2月号の記事で、福山副大臣が中心となって地球温暖化対策基本法案を取りまとめたとした上で、環境官僚の発言として、「副大臣の周辺には、環境分野で偏った意見の人が多い」「上司である岡田克也外相にしか報告しない」などと記載した。
 副大臣側は「強硬意見を持つ者の影響を受け、政府を取り仕切っているような印象を与えた」などと主張している。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

<将棋>有吉九段が1000敗 史上2人目(毎日新聞)
野口さんが「宇宙からの読み聞かせ」(産経新聞)
<六ケ所村>高レベル放射性廃棄物、英から初搬入(毎日新聞)
<福島氏>自衛隊は合憲 参院予算委で質問に「そうです」(毎日新聞)
<宮崎家族3人殺害>偽装工作で実子を殺害か 奥本容疑者(毎日新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
携帯ホームページ
自己破産
ブラック キャッシング OK
債務整理
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
カードでお金
無料ホームページ
selected entries
archives
recent comment
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    リンデル (01/17)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    カドルト (01/11)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    タンやオ (01/01)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    ナーマソフト (12/27)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    ちょーたん (12/12)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    ばきゅら (12/08)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    れもんサワー (11/21)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    すぷらっしゅ (11/15)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    マクレーン (11/10)
  • 全面否認の裁判員裁判審理=元少年の放火、直接証拠自白のみ―14日から開始(時事通信)
    きゅーとん (10/26)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM